事業紹介

事業紹介

人をつないで、まちの医療を支える。
重い病気を抱えているのに、いまの医療制度の中では、病院にはいられず、
かといって、自宅にいるには家族の負担が大きすぎる。
そんな「行き場のない方」がいます。超高齢化社会の日本に必要なのは、
これまでの病院とは違う、「まち」で医療を支える仕組み。
医師、看護師、介護士、薬剤師といった人たちが連携しあえる「地域の家」をつくり、
行き場のない人を受け入れ、寄り添いつづける。
それは同時に、医療にたずさわる人たちが、疲弊してしまうことなく、
よりよく、すこやかに、いのちと向き合える場所をつくることでもあります。
日本が直面する「超高齢化」は、世界にとって初めての、困難な経験になるはず。
けれどそれは、これからの日本が、地域のつながりを取り戻し、
ともに支え合う国へ成長する道のりだと、私たちは信じています。

世界トップレベルの医療制度を誇る日本が、今、そしてこれから直面する課題...

超少子高齢多死社会
が現実問題に

膨張を続ける
社会保障費

慢性期・終末期の
病床不足

医療関係者の
過重労働の常態化

在宅療養ニーズの
多様化・複雑化

これらの社会課題に対し、
アンビスグループは挑戦を続けます...

地域包括ケアシステムとは ---

医療依存度が高いために、どうしても病院のベッドに頼らざるを得ない方が、
安心して療養できる場所を見つけられず、お困りである現状があります。
国は、限られた保険財源を未来の医療を見据えて効率的に活用するために、
病床を大幅に削減する方針を打ち出しています。
密な看護ケアや夜間の見守りが必要な在宅療養を支えるご家族の負担は大きいものです。
医療資源の乏しい地域では、経営難のため病床の閉鎖や廃院に追い込まれる施設が相次いでいます。
医師の過酷な労働実態はいよいよ苛烈なものとなり、過疎地医療の疲弊は極限状態にあります。

消えていく病院のベッド・・・
切れ目ないケアが必要な方を支える在宅看護の限界・・・
地域の病院崩壊による地域医療の崩壊・・・
これらの社会的課題の解決に向けて、私たちは挑戦を続けます。

「医心館事業」について

「医療が必要な介護」という差し迫った社会的ニーズ ---

周りを取り囲む状況

医療依存度が高く、
安心の療養の場を見つけることが難しくお困りの方々に ---

ひとりにはしない

このようなニーズにお応えします。 ---

急性期の治療を
終え、退院予定であるものの
在宅療養に不安のある方

残された大切な時間を
住み慣れた地域で
穏やかに過ごしたい方

介護保険非対象者、
神経変性疾患や重度の
障害のある方

私たちは、地域医療を支える医療者の一助となりたいと思っています...。

 

01

看護師の24時間安心・安全ケアを
約束する在宅型の“病床”です

慢性期・終末期の病床を、地域の医療従事者で、
「シェアリング」する在宅型の“病床”です

 

02

多職種地域連携によって
医療の公平性、透明性を担保します

各専門の医師や薬剤師など地域医療との
連携によって必要な医療を必要に応じて提供し、
質の高い在宅療養を実現します

 

03

治療(キュア)を終えてなお
ケアが必要な方にプライバシーの
保たれた安寧の時間を提供します

医療的ケアが必要で、
受け入れ先を見つけるのが難しかった方、
終末期の方のニーズに迅速に応えます

直面する医療課題へ
仕組みのイノベーションによって

「志とビジョンある医療・介護で社会を元気に幸せに」

それが、私たちの使命です。

お問い合わせ