お知らせ

お知らせ

2019.05.10

平成31年第5回経済財政諮問会議にて。

先月開催された平成31年第5回経済財政諮問会議では、社会保障制度改革とくに医療・介護分野の改革について、取組方針を具体化すべきであると有識者議員から提案がありました。

 

提案のなかで1番目に挙げられたのが、地域医療構想の実現等。
「医療・介護分野で人手が不足する中で、医療・介護サービスを効率的・効果的に供給できる体制を構築するとともに、医療・介護費の極めて大きい地域差の縮小に取り組むべき。」とありました。

 

急性期を過ぎて、特に施す手がなくなった慢性期患者は早々に退院を促されます。

 

かといって、これまでのように日常生活を送れる見込みはあまりありません。一方、多くの施設が医療依存度の高い入居者の受入れを制限しています。

 

このように、制度からこぼれ落ちた人たちを助けたい。そのために私たちの医心館があります。

 

有識者議員提出資料:https://bit.ly/2PUOOo2

一覧へ戻る

直面する医療課題へ
仕組みのイノベーションによって

「志とビジョンある医療・介護で社会を元気に幸せに」

それが、私たちの使命です。

お問い合わせ