お知らせ

お知らせ

2021.03.22

有料老人ホーム「医心館 本郷」開設時期変更のお知らせ

当社の連結子会社である株式会社アンビス(本社:東京都中央区、代表取締役:柴原慶一)は、有料老人ホーム「医心館 本郷」(東京都文京区、定員42名)を、当初の5月開設予定から1か月前倒しし、2021年4月12日に開設することを決定致しました。開設当初は全3フロアのうち2フロア(定員28名)を運営します。当該開設を踏まえ、東京都における医心館の開設数は3施設となります。

 

「医心館 本郷」は、他の介護事業者との連携による新たなスキームで開設される医心館です。株式会社ネクサスケア(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:山木正幸、以下ネクサスケア)が運営する地上9階建の有料老人ホーム「ネクサスコート本郷」の3~5階に医心館を開設し、株式会社アンビスが訪問看護サービスを提供します。開設当初は3・4階部分のみ(定員28名)を運営し、開設半年後を目処に5階(定員14名)も運営開始し、3~5階の定員合計は42名となります。また、ネクサスケアと当社が運営するフロアでは入居対象者が異なるため、同一建物内での入居者の相互紹介制度を導入します。

 

新スキームによる開設は、当社の連結子会社である株式会社明日の医療(本社:東京都中央区、代表取締役:柴原慶一)が企画する医療機関・介護施設との連携の第一歩となるものです。「医心館 本郷」の開設により、連携先であるネクサスケアは、医療依存度が高い方を含めた入居対象者層や提供するサービス幅が拡大するとともに、入居者の紹介により稼働率向上が見込めます。当社としても、既存施設との連携により医心館を開設することで医心館の展開余地が拡大するとともに、入居者紹介事業を新たに運用開始できます。株式会社明日の医療は、今回の試みを通して、医心館と介護施設 がwin-winの関係を築きながら地域医療体制の強化に貢献できることを、実績と共に示していく所存です。

 

 

■アンビスグループが運営する「医心館」概要

医心館は、通常の介護施設では受け入れが困難な「がんの末期状態にある方」、「人工呼吸器を装着されている方や気管切開を受けている方」、「神経変性疾患など特定疾患の方」、「入退院を繰り返さざるを得ない方」、「お看取り対応の方」などを積極的に受け入れ、看護師・介護士による24時間365日の安心ケアを提供する有料老人ホームです。地域の医療機関や薬局、介護事業所と積極的に連携し、多職種の“シェアリング病床”としても機能しています。

※2021年3月末時点(見込)において、35施設1,597名を運営。

2021年10月末時点において、医心館は46施設2,187名となることを予定。

 

■当プレスリリースのPDF版はこちらからダウンロードください。

 

 

<会社概要>

社名:株式会社アンビスホールディングス

所在地:東京都中央区京橋1丁目1番1号 八重洲ダイビル2階

代表者:柴原慶一

設立:2016年10月

事業内容:がん末期状態にある方や人工呼吸器を装着されている方等医療依存度が高い方を対象とし、慢性期と終末期の看護・介護ケアに特化したホスピス「医心館」を運営。

 

社名:株式会社明日の医療(あしたのいりょう)

所在地:東京都中央区京橋1丁目1番1号 八重洲ダイビル2階

代表者:柴原慶一

設立:2020年3月

事業内容:医療機関・介護施設の経営に関する総合的な支援を実施。医心館事業と医療機関や介護施設との連携事業を企画するほか、診療報酬・介護報酬債権の早払いサービス(ファクタリング)等も運用。

 

<問い合わせ先>

担当 株式会社アンビスホールディングス 問い合わせ窓口 京極、賈(ちゃ)

TEL:03-6262-5085 E-MAIL:ir_contact@amvis.co.jp URL:https://www.amvis.co.jp/

 

一覧へ戻る

直面する医療課題へ
仕組みのイノベーションによって

「志とビジョンある医療・介護で社会を元気に幸せに」

それが、私たちの使命です。

お問い合わせ